Greeting

佐藤心雄
みなさん、こんにちは!

当クラブは、初心者の方(ウォーキングからアドバイスさせていただきます)、ダイエットをしたい方、純粋に速くなりたい市民ランナーの方(ファンランを脱出して、記録を狙って走ってみたい方)、レベルに問わずフォーム改善をしたい方、運動会で大活躍したいお子さんを対象とした、楽しいランニングクラブです。

意外と知られていない靴の履き方やきれいなフォーム作りの秘訣などから、個別に指導をさせて頂きます。

また、ご要望がありましたら、メンタル面のサポートやペースメーカーの担当も(事前にご希望の距離やペースを教えて頂けると幸いです)させて頂きます。

レッスン・イベントへご参加希望の方は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。一緒に、タムタム ランニングクラブで、ランニングを楽しみましょう!

30代後半、同世代のあなたに

日々、お仕事お疲れ様です。30代後半に差し掛かると、会社では責任者になったり、プライベートでは家庭を持ったりと、お忙しい毎日を過ごしていることと思います。

僕は現在、仕事ではタムタムランニングクラブのクラブ運営者として、家庭では1児(娘)の父として、樂しい日々を過ごしております。
社会人になると、大抵の方はスポーツを辞め、生活のためにお仕事に専念されていると思います。

僕は31歳の時(2011年3月)、その当時勤めていたスポーツインストラクターの会社を退職しました。
僕が辞めるタイミングで、担当していた洋光台陸上クラブが閉鎖してしまうということになり、在籍していた子どもたちも親御さんたちも継続を希望されておりました。

その当時、僕は今の様に指導者の資格を持っていなくて、自分で何かを始めることにとても恐怖心がありました。加えて、次の仕事も決まっておらず、結婚も控えていたり、震災(東日本大震災)の後で、本來であれば自分の生活を優先すべきでしたが…自分と向き合って考えたとき、「目の前の困っている人たちを救いたい」という一心で、ランニングクラブを立ち上げました。
最初2人で始めましたが、8年経った今、22名の会員さんに支えられながら、クラブ活動を行わせて頂いております。

社会人になって20年。転職をたくさん繰り返して來ましたが、今の仕事が一番樂しく、自分らしさを大切にした形でお仕事と向き合えるので、立ち上げメンバーの2人の男の子たちにとても感謝しております。ありがとうございます。
タムタムランニングクラブの活動理念は、「成長過程を大切にした上で結果に結び付けていく」で、活動テーマは、「原点と感謝と心で向き合う氣持ちを大切に、ゆめに向かってタムタム(樂しく)走ります。」です。
ンニングクラブは、いきなりガンバって走ることはせず、走る前の準備方法(基礎動作)からアドバイスさせて頂きます。

仕事で疲れているけど、身体を動かし始めたいと思い始めている同世代の会社員のみなさん、マイペースで一緒にタムタム(樂しく)走って、氣持ちいい汗を流してみませんか?走ると、頭の中がスッキリして、お仕事の効率アップに繋がったり、生活に張りが出て、樂しくなりますよ。ご興味ありましたら、先ずは体験レッスンから参加してみてください。お待ちしております。

走ることが好きなお子さんを持つ、親御さんへ

走ることが好きなお子さんを持つ、親御さん向けのメッセージ:歩くこと・走ることは、生まれて初めて行う動作(スポーツ)だと思います。

何も考えずに走り回ることは、とっても樂しいですよね。保育園や幼稚園、小學校に通い始めると、運動会やマラソン大会など、ビックイベントが目白押しになります。うちのクラブでも、毎年リレーの選手を目指して、日々のレッスンに励んでいる子が非常に多いです。

リレーの選手になりたい、マラソン大会で1等賞を獲りたい…など、夢が膨らむことはとても素晴らしいのですが、結果が伴わないと、どうしても過程の部分が疎かになり、家族間で摩擦が起こる原因に繋がると思われます。

僕自身、元々走ることが大の苦手で、中學1年生の時に最初に出場した大会で800mを走り、ダントツのビリでした。その時に出來た夢は全国大会出場で、その後、挑戦と失敗をたくさん経験しながらステップアップして、中3の時にその夢を叶えました。(ビリは、過去26年の陸上人生の中で10回近く経験しております。)

お子さんのお氣持ちを大切にしつつ、お子さんの目線に合わせて、1つ1つの出來たことを褒めてあげることが出來れば、お子さんはより一層走ることが好きになれます。走るのが得意な子も苦手な子も、個々の目線(ゆめ)を大切にした形で、一緒の空間で走ることを樂しめるのが、タムタムランニングクラブのスタイルです。

おすすめ記事

最新記事

特集記事